マレーシアに行こうと思ってる人はこの場所に色々なマレーシアのお土産を買い物することもできる。こちらはマレーシアのおススメショッピングパラダイス。

  1. スンガイワンプラザ

ファッションアイテム、例えば、洋服やバッグや靴やアクセサリーなどがたくさんあって、スンガイワンは女性に人気がある。Sultan Ismail 111, Bukit Bintang(ブキッ・ビンタン)にあり、高級なモールが囲まれたけど、売り物は値段が安い。

スンガイワンで売られるアイテムは大体中国製やタイ製を輸入する。値段は7リンギット(190円くらい)からかかる。洋服の仲値も30リンギット(850円くらい)しかかからない。プチプラなファッションアイテムだけではなく、フィギュアやマレーシアのスナック、とくにチョコレートビスケットも手にいれられる。スンガイワンビルに行くなら、近い乗り場はブキッビンタンのモノレールである。

  1. ペタリングストリートマーケット

中華街、ペタリングストリート、クアラルンプールにある商店街である。 夜にもまだ道が込んでいる。中国の雰囲気がする市場ではマレーシアのお土産が売られる。例えば、キーチェーン、マグネット、Tシャツなどがある。お得なアイテムを受けるために、値切ることができる。

そして、屋台にあるおいしい食べ物を味わるべきである。外国人は国内人より高い値段をもらうことがある。マレーシア人と一緒に行ったら、値段が安くなる可能性があるかもれない。一番ちかいLRT乗り場はPasar Seni(パサルセニ)である。

  1. セントラルマーケット

マレーシアに行くなら、ぜひこの旅行先行ってみてください。1888年に建てられて、古い建物になって来た。初めに、1936年にこの場所は市場色々な食料品が売られるが、1980年からモダンな中華街になり、有名な旅行先になった。

Pasar Seni(パサルセニ)やPasar Budaya(パサルブダヤ)と呼ばれることもあり、この場所はマレーシアの一般的な彫刻や絵や織物ある。ペタリングの近いHang Kasturi街のクアラルンプールであり、歩いて4分だけかかる。工芸だけでなく、マレーシアの目印小型とお土産も見つけられる。

  1. リトルインディア

中華街ペタリング街のようなだが、リトルインディアはインドの文化的な商店街である。インド的なビルや、一般的な料理もあり、お客様はまるでインドに行くような。値段も安くても、色々な食べ物が味われる。例えば、ビルヤニやプラタやヤギ肉の料理も盛る。1リンギット(27円くらい)からかかる。

それに、インドのアクセサリー、指輪や首飾りや腕輪、ヘンナタトゥー入れ墨ことができる。値切らせてくれるなら、気をつけてください。その後、買わなかったら、販売者がイライラになることもある。

  1. ジャケルモール

首都クアラルンプール、Munshi Abdullah(ムンシアブドゥラ)街の交差点の一角にあり、このモールはマレーシアで最大の織物商店である。色々な輸入や輸出織物の種類が見つかれるから、値段も違うある。大体プチプラだけど、品質はいいそうだ。

ジャケルモールなら、週末に行ったほうがいい。ハッピーアワーの場合は、割引よくある。

  1. カストゥリウォーク

セントラルマーケットの近くにあり、5メートルの長さ道で、朝夕に人がいっぱいいる。朝に朝食のメニューはたくさんあり、昼頃にプチプラなファッションアイテムが売られる。夕方に屋台食べ物や色々なスナックが道で並んでいる。マレーシアの真薯とドリアンを食べるべきである。

夜にも将来が見られるように、占い当てることができる。そして、タトゥーやヘンナを入れ墨し、運がいい物を知るため、風水占いもできる。この門があるの商店街にもお土産多いある。

  1. Kenanga Wholesale City (KWC)

Gelugor街にあり、ファッションアイテム買いものなら、卸売市場のはいいである。週末で一個切れは割り引いている。クアラルンプールの高級な地域の近くにあるのに、プチプラなアイテムを買える。モノレールでブキッビンタン駅に降り、歩いて並んでいるお土産の店が見られる。

ショッピングするのが好きな人にとって、お金をつかうのは気を付けらなければならない。行く前に、マレーシアの旅行準備も調べてみて、格安航空券も予約するなら、Airpaz 御覧ください。Airpazも旅行の支出を減少することができるから、安格旅行も楽しめるようになった。

 

cheapest-flight-ticket-booking

[popup_manager id=”3″]