中山寺のことを聞いたことがありますか? 中山寺に行ったことがありますか? もしそうでないなら、中山寺へお宮参りに行こう!

中山寺安産祈願

中山寺は兵庫県宝塚にある仏教寺院です。 この寺には地元の人々から与えられた非常に愛称の「中山さん」があります。 中山寺は、出産のための安全な寺院であり、源頼朝、明治天皇、一般の人々のような多くの巡礼者を魅了します。 豊臣秀吉の子供が生まれた後、彼はまたこの寺院で祈った。

中山寺コーナン

中山寺は、6世紀には聖徳太子によって創立されました。 中山寺は日本最古の観音霊場です。 メイン会場には、十一面観音のイメージを持つインドのスリマーラの写真があります。 十一面観音や十一頭の女神慈悲がこの寺院での主な崇拝の対象です。 観音は、赤ちゃんを手に入れやすくて出産やすくする力があると信じられています。 通常公開されていませんが、十一面観音は18か月ごとに表示されます。

中山寺梅まつり、中山寺 観光

春には、ここに中山寺梅が咲き、3月の第1日曜日は「梅まつり」が開催されます。 さらに、妊娠5ヶ月の女性は、「犬の日」に訪問して、安全な出産を祈っています。

また、毎年8月9日には、この寺院でも、「星立祭り」が開催されます。 毎年8月9日の夜に、西国巡礼内の33の神社からの観音はすべて中山デラに集まると信じられています。 その日に訪問すると、46,000日間、寺院を訪れるのと同じ利益をもたらすと考えられています。

こんな話題も: 姫路城周辺観光

中山寺歴史

中山の寺は聖徳太子太子( 574- 622)によって構築された観音(Avalokitesvara)に捧げ最初の神聖な場所であると考えられています。6世紀に支配的な一族であった聖徳太子大将は、若い日本の仏教の偉大な保護者と考えられ、関西の多くの寺院を建てる責任がありました。

この寺院の崇拝の主な目的は、インドのShoman姫(Prasenajit王の娘、保護者と現代の釈迦牟尼仏)のイメージに基づいてモデル化されている、11面のBoddhisattva観音です。中世の第33回観音巡礼が始まった中山寺は、「楽園の中心」とみなされ、最初の巡礼地として指定されました。

その後、10世紀のカザン皇帝の引退の間、巡礼路に続く24番目の駅として指定された。 現在、四国遍路を訪れた最初の寺は、和歌山県の青岸渡寺です。

この寺院は1400年にわたる伝説、歌、物語にインスピレーションを与えました。

中山寺は皇族の崇拝者であり、鎌倉幕府の創始者である頼朝朝(1147 – 1199年)、国民の最優秀奉仕地として一般市民など、忠実な信者を輩出している 安全な子供の誕生を祈ること。

豊臣秀吉(1536年 – 1598年)は、中山寺で崇拝して秀頼の誕生を祝福しました。

中山寺アクセス

中山寺行き方

電車:阪急電鉄宝塚線中山観音駅から徒歩1分

車:中国自動車道の宝塚IC。

中山寺最寄り駅:阪急交通線の宝塚駅と福知山JR西線の中山デラ駅の中山観音駅です。

中山寺駐車場:敷地内に駐車場はありませんが、有料駐車場が近くにあります。

この記事を読んだ後、中山寺 観光、行くことに興味がありますか? airpaz で安い航空券をチェックすることを忘れないでください! airpazには格安航空券がたくさんあります!

cheapest-flight-ticket-booking

[popup_manager id=”3″]