皆さん、京都に有名な観光場所を知っているの?嵐山公園をはじめ祇園町や伏見稲荷大社や伊根町などがある。京都に一つの有名な植物公園があり、それは京都府立植物園だ。明細な情報をご紹介しよう。

1. 京都府立植物園

京都府立植物園

京都府立植物園は左京区京都にある。ここに500チェーリ種類木が植えてあり、広さは24万平方だ。秋なら、チェーリの葉っぱを変えて、綺麗な景色だ。1924年1月1日に初めて開始された。開園時間は午前9時から午後5時までだ。入場券は大人向け200円、学生向け150円だ。友達と家族とここに行くと、綺麗な景色が見られる。楽しみだね。

2.コンサバトリーの概要

コンサバトリーの概要

1992年3月初めて開始された。観覧温室開室時間は午前10時から午後4時までだ。入場券は大人向け200円、学生向け150円だ。広さは4,694.25平方だ。休園日は12月25日から1月4日までだ.ここで、熱帯植物が沢山あり、ランをはじめや熱帯木やバラ等がある。友達と家族とここに行くと、綺麗な景色が見られる。素晴らしい雰囲気だ。

京都府立植物園へどうやっていけるの?「北大路駅」下車3番出口を東へ徒歩約10分 京阪出町柳駅」から市バス1系統または京都バス「静原」「市原」行きバス停「植物園前」下車徒歩5分だ。アクセスは便利でしょうね。

皆さん、上記の情報を確認してから、どうと思う?一度京都府立植物園を見たいですか?

じゃ、全ての情報はAIRPAZウェッブサイトで利用可能だ。チケットや旅行の参考等があり、ご遠慮なく連絡して。楽しい旅行を楽しんでしなさい。

cheapest-flight-ticket-booking