日本には多くの歴史的な寺院があります。 大安寺を訪問してみてみましょう! この寺は、南都七大寺のメンバーです! 詳細については、この記事を読んでね!

大安寺歴史

大安寺は日本で最も古い寺院の一つです。 その起源は7世紀の初めに創建されました。聖徳太子は、平和と幸福のための祈念の中心地として熊凝精舎という修道院を創設しました。 彼の死の際に、彼は、修道院が大きな国家の寺院に発展したことを望んでいる。

その要望に応えて、日本で最初の政府寺院である百済野お寺を設立しました。 アスカ期間(592-710)に日本中部の寺院として繁栄した大観堂寺に改称された寺院。710年に新たに開発された平城京市に首都を移した後、再び現在の場所に移りました。これは平城京の南東の石英のブロックに相当し、今日は大安寺と呼ばれています。

奈良時代(710-794)には、大安寺は、887人の修道士を擁する国家寺院として仏教の優れた教育現場と研究機関を紹介するために使われたと言われており、そのうちのいくつかはアジア大陸出身者で、 唐僧道、インド僧菩提僊那、ベトナム僧仏哲が来朝し、大安寺に住す。

こんな話題も: 横浜 ラーメン 博物館 おすすめ観光!

大安寺楊柳観音

楊柳観音はトレジャーハウスで不朽で、人々に平和と静けさの印象を与える柳の枝を運んでいます。 言い換えれば、この彫像は薬王菩薩と呼ばれ、病気を制限し人々の健康を保つための癒しの仏です。 楊柳観音は非常に珍しい怒りの顔をしており、表情やバランスの取れたボディから強い意志を感じます。

大安寺アクセス

大安寺近鉄奈良バス‐近鉄奈良駅またはJR大安寺駅奈良またはシャープ前または白土町のバスに乗ります。 大安寺バス停で下車。 そこから徒歩約10分。

■ 拝観時間

午前9時~午後5時(受付は午後4時まで)

※年中無休(但し12月31日は迎春準備のため休み)

■ 御祈祷・御回向受付時間

午前9時~午後3時30分

※年中無休(但し12月31日は迎春準備のため休み)

※年中無休

■ 大安寺拝観料(本堂・収蔵庫)

大人・大学生 400円

高校生 300円

中学生 200円

小学生以下 100円

団体料金は30名から(10%引き)

寺僧が御案内と法話をさせて頂きます。

境内拝観は自由となっております。

秘仏(十一面観音 馬頭観音)特別公開日は100円増しになります。

大安寺イベント

光仁会(癌封じささ酒祭り)一月二十三日

後半の光仁天皇(709-781)の追悼式。 光仁天皇が光仁天皇に達する前に白壁王と呼ばれていた。 温かい酒を試飲して竹の森の詩的な雰囲気を祈り、祈るために神殿を訪ねることがあります。 光仁天皇は62歳の時に良好な状態で生活し、王座に上った。光仁天皇は王位にいる時、特に重い病気に苦しむ人々のために、世界の平和を心から楽しみにしています。 この歴史的イベントを皮切りに、竹の酒の中で酒を飲んで病気を制限するフェスティバルは、がんなどのあらゆる深刻な病気をカバーするために拡大されています。その日、寺院周辺の朝から、竹のカップの温かい酒が提示され、がんを制限する祈りが提供されました。 フェスティバルでは、多くの人々が寺院を訪れ、周囲の地域は温かい香りの竹の香りと日中の激しい祈りで覆われています。

竹供養(癌封じ夏祭り)

中国の古代の伝統によると、すでに竹の日として知られています。 これは竹のプランテーションのための良い一日と言われ、人々は地域の生活と文化を強く支える竹の木に感謝します。 今日は、がんを制限する夏の祭典として知られています。 竹供養の日、光仁祭りの日は大安寺の祭りの2日間です。

この記事を読んだ後、大安寺を訪れることにもっと興味がありますか? 飛行機で旅行する場合は、airpaz で航空券の価格を確認することを忘れないでください! airpaz には非常に多くのバーゲンチケットがあります。 今すぐ予約!

 

cheapest-flight-ticket-booking

[popup_manager id=”3″]