法華寺創建由来

創建当初から、千二百五十年以上続くお寺です。光明皇后様は、藤原不比等公没後、不比等公の屋敷を皇后宮とし、その後、総国分尼寺 法華滅罪之寺とされました。その後、略称として法華寺と呼ばれるようになります。

法華寺が総国分尼寺となされ、『続日本記』には、光明皇后様の勧めによると記されています。

法華寺十 一 面 観音 立像

この御本尊は、蓮池を歩いて光明皇后様を代表するといわれる法華寺国宝十一面観音立像です。蓮の葉と花は、彫像の後ろの蓮の花に置き換えられます。 わずかに立ち上がった右脚は、前進するかのように、この像には非常に奇妙で、まれにしか見られません。

法華寺奈良お守り犬

寺の伝説によると、光明皇后様のお考えのもので、今も寺伝どうりに、尼僧の手作りで受け継がれています。(法華寺お守り犬は、手作りのため、お寺に確認の予約をお願いいたします。)

修道院名の末尾にある「法華寺門跡」というタイトルは、皇族や貴族との修道院関係に由来する歴史的地位を示しています。法華寺が建てられた時、それは光明皇后様の住居でした。 光明皇后様は「総国分尼寺 法華滅罪之寺」に指定されてもそこに住んでいたので、法華寺御所とも呼ばれます。法華寺慶久庵地区には、王妃の宮殿の下にある石が掘られていたが、現在は覆われている。

こんな話題も: 代々木 公園駅と観光のおすすめ

法華寺アクセス

お車でお越しの場合

大阪方面より

阪奈道路より二条大路南1を北(左)折、次の信号を左折、突き当りを左折し次の突き当りを右折すぐ右手に駐車場

京都方面より

京奈和道路(24号線)にて法華寺東交差点を西(右)に曲がる(一条高校が目印)次の信号を直進、突き当りを右折、右手すぐに駐車場

西名阪天理インターより

24号線を北進、菰川南詰交差点(奈良ロイヤルホテルが目印)を北(左)に曲がり突き当りを左折、次の突き当りを右折、すぐ右手に駐車場

電車でお越しの場合

近鉄

近鉄奈良駅下車 高天交差点北西の乗り場より乗車、奈良交通西大寺駅行き(自衛隊経由)に乗車 法華寺下車徒歩3分
近鉄大和西大寺駅下車 北口バス乗り場より近鉄奈良駅行き(自衛隊経由)に乗車 法華寺下車徒歩3分

JR

JR奈良駅下車 奈良交通西大寺駅行き(自衛隊経由)に乗車 法華寺下車徒歩3分

徒歩、自転車でお越しの場合

近鉄新大宮駅下車徒歩20分

法華寺駐車場

普通車約50台、大型バスも駐車可能、法華寺駐車場料金は拝観者の方は無料

トイレ

身障者用有

法華寺拝観料

本堂本堂
(御本尊御開帳)
華楽園
大人500円700円300円
中学生300円500円200円
小学生200円300円100円
身障者250円350円150円

法華寺拝観時間

9:00(開門)~17:00(閉門)
16:30頃までにはご来寺くださいませ

この記事を読んだ後、法華寺を訪れることに興味がありますか? 飛行機でお越しの場合は、airpaz で安い航空券をご確認ください。 airpaz には格安航空券がたくさんあります。 今予約する! ハッピー旅行!

cheapest-flight-ticket-booking

[popup_manager id=”3″]