あなたは寺院に行くのが好きですか? 興福寺を訪ねてみてください! 寺院は非常に歴史があり、周囲には多くの興味深い建物があります。 歴史を学ぶことができるので、あなたがこの寺院に行くなら、確かに退屈することはありません。 ここでは、興福寺についての短い記事です。

興福寺は、奈良や平安の時代に最も強力な家族であった藤原家寺院でした。 寺は710年に首都と同時に奈良に創建されました。藤原の力の高さで、150棟以上の建物で構成されています。

これまでは、興福寺五重塔や興福寺三重塔など歴史的価値の高い建物がいくつも残っています。 高さ50mの五重塔は、日本で2番目に高く、京都の東寺五重塔よりもわずか7メートル短い。 興福寺塔は奈良のシンボルとなります。 最初は730年に建設され、1426年に建設されました。

興福寺の中庭への入場は無料で、おそらく常時、入場料の2つのエリアがあります:興福寺国宝館と興福寺東金堂。

こんな話題も:  中山寺へお宮参り!

興福寺国宝館

新しく改装された興福寺国宝館は、この寺院の偉大な芸術コレクションの一部を展示しており、仏教美術愛好家を見る絶好のコレクションです。 多くの傑出した展示品の中には、日本全土で最も有名な仏像、アシュラ像があります。

興福寺東金堂

興福寺東金堂は、興福寺国宝館から遠くないところに位置し、薬師寺の大きな木像を持っています。 面白い建物の別のペアは、北部と南部の八角形のホールです。 当初は1000年前からのもので、1210年と1789年にそれぞれの建造物が完成しました。また、寺院の貴重な遺物もいくつかありますが、数日間は一般公開されています。

興福寺中金堂

興福寺の本館、興福寺中金堂は、1717年に火災で破壊されました。そして、1800年代には小さなホールで置き換えられましたが、元の興福寺中金堂は再建されませんでした。 しかし、近年では、ホールを完全に再建することに決めました。 再建作業は現在進行中であり、2018年までに完成予定です。

興福寺アクセス

興福寺は近鉄奈良駅から徒歩5分、JR奈良駅から徒歩20分です。 JR奈良駅から2番バスまたは春日大社への時計回り(7分、190円)で興福寺まで行くことができます。 近鉄奈良バス停で下車。

建設に関する注意:

興福寺中金堂は現在再建中であり、2018年までに完成予定です。ホール周辺の再建工事は2023年まで継続する予定です。さらに、興福寺国宝館は改装工事のために2017年に閉鎖されています。

興福寺拝観料・公開日時

  • 興福寺国宝館

拝観時間

9:00~17:00(入館は16:45まで)

年中無休 ※平成29年は耐震工事のため休館

  • 興福寺東金堂

拝観時間

9:00~17:00(入堂は16:45まで)

年中無休

拝観料

 個人団体(30名以上)
大人
(一般・大学生)
300円250円
学生
(中学・高校生)
200円150円
小人
(小学生)
100円90円

興福寺駐車場のご案内

駐車場概要
駐車台数普通車 
 最大収容数 46台
バス
 最大収容数 16台
利用時間9:00~17:00
管理運営興福寺
お問い合わせ(0742)22-4096

 

駐車料金一覧
大型バス・マイクロバス2,500円
乗用車1,000円
タクシー500円
回送(乗降のみ)1,000円

この記事を読んだ後、興福寺に行くことに興味がありますか? 再建後、あなたの家族、友人、または配偶者と一緒に旅行してみてくださいね! 飛行機で旅行している場合は、airpaz の安い航空料金をチェックすることを忘れないでください。 airpaz には安い航空券価格の取引がたくさんあります! 今すぐ予約!

 

 

cheapest-flight-ticket-booking