ソウルなら、必ずポップカルチャーやショッピングパラダイスという印象が現れた。アイドルやドラマなどが一般的で、「韓流」というトレンドが日本でも気になった。しかし、そんなソウルのイメージは一面のソウルである。ほかには伝統的なソウル、豊富な韓国の文化や歴史は遺産が保存された。

先に時代劇の韓国ドラマはそんな人気があると話した。ソウルには宮殿だけでなく、色々な旅行先もある。大体宮殿の入場料が安い、それに無料の可能性もある。韓国風の建物で写真を撮り、韓服を着ながら、ソウルを散歩する。初めて韓国旅行すれば、この大人気旅行先を行くべきである。

1.宮殿

ソウルにたくさん宮殿がある。大体のソウルにある宮殿は李氏朝鮮の時代からである。宮殿は昔の王国相談室、王室が住んでいるのに、建てられた。例えば、景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮、雲ケン宮などである。

機能なら、そこでガイドがあるから、外国語を話す人は心配しないでください。しかも、ソウル地下鉄から遠くなくて、行きやすい。入場料が安い、韓服を着たら、入場料は無料になる。宮殿の中でも自然的な景色を見たり、庭や池の近くを散歩したり、韓国歴史が分かるように博物館に行ったりすることができる。

こんな話題も: Nソウルタワー、モダンだけど韓国らしい

2.宗廟

宗廟とは李氏朝鮮王様にお参りするのに使った寺院である。そのお参りする儀式は「宗廟大祭」と呼ばれる。その宗廟大祭は古くて、韓国の伝統的な文化や音楽を見せるから、1995年にUNESCOが宗廟に世界遺産を決定された。

平和な雰囲気で、素敵な木製建築が見られ、今までも宗廟大祭の音楽を聞くことができる。火曜日は休業日である。

最寄り駅:鍾路3街(ソウル地下鉄1・3・5号線)出口11

入場料:大人1000ウォン、子供(7~18歳)500ウォン(以下7歳幼児・高齢者・韓服着る・毎月最後の水曜日無料)

3.北村韓屋村

その村ソウルの宮殿を囲まれる。景福宮と昌徳宮と昌慶宮の近くにあるから、要衝旅行先になる。そこで伝統的な韓国風家が並んでいる。裏通り歩いたり、おしゃれな写真を撮ったりすることを楽しめる。街に沿って、茶屋やsレストランやゲストハウスなどがよく見つけられる。最近カルチャーセンターもあるから、韓国の文化体験することもできる。

最寄り駅:安国(ソウル地下鉄3号線)出口1・2

 

cheapest-flight-ticket-booking

[popup_manager id=”3″]