韓国ドラマみたい王室を体験旅行ソウルの宮殿

ドラマはジャンルが色々だが、韓国ドラマでも大韓帝国の歴史についての話も人気がある。韓国の歴史や文化を入っているドラマで王室の生活を表す。

Rakutenテレビによると、1位の韓国ドラマ、『オクニョ 運命の女』の背景は王国にある恋愛生活と戦争が発表される。それに、3位の『逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン』と4位の『雲が描いた月明かり』も大体時代劇である。 

韓国へ行ったら、そんな王国の歴史的な遺産を経験することができる。その伝統的な文化も宮殿で見られる。昔はその宮殿に王室は住んでいた。しかし、現在その建物は歴史的なもので、旅行先になった。

都市だけど、ソウルにたくさん宮殿がある。ソウルに4つの宮殿がある。

1.    景福宮

「麗」という韓国ドラマを見たことがあったら、景福宮で撮影した。李氏朝鮮の時代1394年に建てられて、その宮殿はソウルの中で一番大きである。光化門に入ると、昔の王様は戴冠式やほかの発表のに使った勤政殿広場がある。そして、湖の周囲に慶會樓という涼亭のようなはきれいな景色である。たくさん伝統的な場所は広がっている。

もっと歴史を知りたい場合は、国立民俗博物館で探せる。

格安旅行なら、無料の入場料が得られるように、必ず韓服を着てください。

最寄り駅:景福宮駅(ソウル地下鉄3号線)5出口

入場料:大人3000ウォン、子供(以下18歳)1500ウォン

2.昌徳宮

広い庭で建てられ、秘苑があり、自然的な景色だから、人が気になる。1405年に李氏朝鮮の第3王はその宮殿を建てられた。景福宮と違い、昌徳宮の建物は野山にあるから、丘と山に囲まれて、ばらばらしている。

森や川が見え、昌徳宮はほかの宮殿より一番広い庭園である。その庭園は使用人と王様が相談するのに使うだけでなく、公式重合も行うことがあった。

昌徳宮はきれいにして、関係者も気を付けるから、UNESCOは昌徳宮に世界遺産を決定された。そこで演奏や踊りを見ることができる。

最寄り駅:安国駅(ソウル地下鉄3号線)出口3

入場料:大人3000ウォン、子供(以下18歳)1500ウォン(韓服着る・毎月最後の水曜日無料)

3.昌慶宮

李氏朝鮮の第9王の王室住宅のに、建てられた。その時は家に高齢者がいるから、移動しやすいために、昌慶宮は昌徳宮の近くにあった。大きな家族の住宅だから、政府的な問題ではなく、皇太子の王座や王室の喧嘩がよくあった。

洋風温室で写真を撮ることができるから、カップル観光客はよく昌慶宮の温室で撮影している。ロマンティックな旅行になる。自然的な景色を見て、ちょっと都市の忙しい生活を忘れる。

最寄り駅:恵化駅(ソウル地下鉄4号線)出口4

入場料:大人1000ウォン、子供(以下18歳)500ウォン(韓服着る・毎月最後の水曜日無料)

4.徳寿宮

朝鮮征伐の後で、李氏朝鮮の第14王はその宮殿が臨時になり、第26王は徳寿宮法的な宮殿と決めた。「徳寿宮」という名前は最後の李氏朝鮮王様を変えられた。

洋風と伝統的な韓国風を組み合わせ、ロシアの建築家がその宮殿の中でパビリオンを建てられた。石造殿歴史館だけど、王室の部屋や会館や受付がある。

最寄り駅:市庁駅(ソウル地下鉄1・2号線)出口1

入場料:大人1000ウォン、子供(以下18歳)500ウォン(韓服着る・毎月最後の水曜日無料)

promo-Airpaz