素敵な東大寺 大仏

京都の寺院に行くときは、多くの東大寺 おすすめがあります。 京都に行く予定があるならば、東大寺に立ち寄ることを忘れないでください。 東大寺の建設の歴史を知ることを忘れないでください。そこには多くの情報と知識があります。 東大寺の近くにはどんな歴史がありますか?                                                 

東大寺の歴史

奈良県奈良市の奈良公園の北東に位置する東大寺の仏教寺院です。

東大寺は、745年に東大寺の広大な寺院は皇帝の象徴によって創建され、皇帝の象徴として建てられました。

大仏の建設が終わった後、菩提寺というインドの生まれの僧侶が752年に奉献式典を行った。 その後、758年に大仏堂(大仏堂)が建設されました。

東大寺は、良弁、聖武天皇、行基、菩提僊那を「四聖」と呼ばれる開発プロジェクトに4人の影響力のある人物がいます。

東大寺の本堂には、大仏殿には日本最大の15mのブロンズ仏像(大仏)があり、2つの菩薩が並ぶバイロッサナ仏像を表しています。

東大寺門

訪問者は大きなゲート南大門(グレートサウスゲート)、13世紀に再建され、守護神として知られている巨大な、高い木製の彫刻、寺院を邪悪から保護する寺院に入る。寺門の近くには大きな護衛彫像があります。

962年、ナンダモンはハリケーンによって崩壊しましたが、1199年(鎌倉時代)に再建されました。 大修造建築様式(インド風)を導入して、修道僧によって導入された再開発。 ダイブツヨの特徴は、日本の「貫」と呼ばれる柱を貫く木目継ぎ手の形をしています。 正面の左右には金剛力士像のペアがあり、左右には一対の石のライオンがあります。

東大寺には、寺の周りを自由に歩き回る鹿がたくさんいます。 鹿は通り過ぎて来た訪問者と共に路上で自由に歩きます。

門の近くの東大寺には大きな守護像があります。 東部の大仏殿には、主にインドに広がるアショカ柱のレプリカであるアソカ柱があります。

東大寺は世界最大の木造建築で、世界で最も古い大仏であるブロンズの建物は、ユネスコの世界遺産でもあります。

こんな話題も: 神戸 市立 博物館で色々展示を見る

東大寺 行き方

東大寺 おすすめ行き方:

奈良には自分の空港がありません。 関西国際空港または大阪伊丹(国内線)経由で奈良に行くことができます。Airpazで安価航空券をご予約いただけます。どうぞAirpaz.comに安価航空券をチェックください。

東大寺は奈良公園の北部にあります。 近鉄奈良駅から徒歩約30分、JR奈良駅から徒歩約45分。 どちらの駅からもバスでアクセスできます。 東大寺の本館まで徒歩5〜10分のところにある東大寺大仏堂で下車してください。

東大寺 開館 時間

大仏殿ホール

時間:

8:00〜16:30(11月〜2月)

8:00〜17:00(3月)

7:30〜17:30(4月〜9月)

7:30〜17:00(10月)

閉鎖:閉鎖日なし

料金:500円

東大寺 ホテル

東大寺 おすすめホテル:

東大寺の周辺には、安いホテルがあります。あなたの望む通りに選ぶことができます。各ホテルにはそれぞれ異なる施設があります。例えば、有名な五重塔を望む温泉付細かい旅館。奈良町の中心部に位置しています。

面白いですね。Airpazで安価航空券をチェックくださいね!

cheapest-flight-ticket-booking